みやびはんのブログ


by 381han

プロフィールを見る
画像一覧



【ランキングに参加中】

【みやびはんたちのブログ】

カテゴリ

全体
[Team.M] 田中 千鶴
[Team.M] 深田 篤子
[Team.M] 芳賀 真弓
[Team.M] 中川 有希
[Team.Y] 尾花 紗也子
[Team.Y] 赤石 美野里
[Team.Y] 川那辺 藍
[Team.Y] 呉羽 佐紀
[Team.B] 古谷 彩
[Team.B] 渡邊 敦子
[Team.B] 小笠原 友香
[Team.B] 鈴木 真由美
未分類

最新の記事

へんしーん☆
at 2015-02-21 10:34
伊勢と那智の旅♡♡
at 2015-01-13 12:44
思い出工房展のご案内
at 2014-12-24 12:24
日本酒条例サミット2014 ..
at 2014-12-10 10:10
わん・碗・ONE展
at 2014-11-25 11:25

画像一覧

以前の記事

2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ダイエット食品を比較しました

ブログジャンル

近畿
日々の出来事

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
京焼・清水焼 抹茶碗 月..
from CRAFTS DESIGN
日本酒条例サミット
from Live on Myself
京もの親善大使 みやびは..
from 百趣味X百旅ブログ版

フォロー中のブログ

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ファン

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

わん・碗・ONE展

京もの親善大使みやびはん川那辺 藍です。
去年もレポートさせていただきましたが
[五条坂編] [茶わん坂編]
今年も楽しみにしていたわん・碗・ONE展に行って来ました。

大好きな河井寛次郎さんの記念館でのお茶を楽しむ会は
あやちゃんがレポートしてくれているので
「ヤキモノ女子力 111のWAN~餐宴~」と
「京・焼・今・展2014」建仁寺両足院を上げさせていただきます。
b0309042_171445100.jpg

「ヤキモノ女子力 111のWAN~餐宴~」
高島屋京都店6階特選和食器サロンさん
去年に続いて今年はさらにバージョンアップ。
一保堂茶舗さんによるお茶の教室や、
京洋菓子司ジュヴァンセルさんのオリジナルケーキとのセット販売などのイベントもされていました。
ケーキに合わせる器もお皿だけでなく、
ケーキを載せる台やドーム型の蓋付きのものなどそれぞれの作家さんの個性が光っていて素敵でした。


「京・焼・今・展2014」建仁寺両足院さん
残念ながら今年も座禅や茶会などのイベントには参加が出来なかったのですが、
作品はゆっくり見させていただきました。
b0309042_14265664.jpg


この日は出展作家さんもたくさんいらっしゃって、
先日、作品を見させていただいて気になっていた谷口晋也さんとお話させていただく事ができました。
注ぎ口が3つもある土瓶って見られたことがありますか?
私はこの日、初めて見させていただきました。(写真が無くてごめんなさい。)
その形の斬新さに驚き、
柔らかな色とフォルムに惚れ惚れしちゃいました。
ちなみに土瓶と急須の違いの一つとして持ち手が蔓状になっている物が多いとの事。
この持ち手を作られる職人さんもいなくなっているそうで、
現在はその技術を会得してご自身で付けられているとの事でした。
水琴窟も作られていて、会場ではその音色も楽しませていただきました。
他の皆さんの作品も素敵で、
このレポートには書ききれないほど幸せな時間を過ごさせていただきました。



最後に、
オープンギャラリー・インフォメーションセンターさんでは
五条坂在住茶碗屋展、うつわ男子展が行われていました。
鐘馗(しょうき)さんの陶板や、作品の販売もされていましたので、
昨年、京都陶磁器会館さんで実演をされていらっしゃった河井亮輝さんの湯呑と、
たくさんある中から選ばしていただいた鐘馗さんの陶板をいただきました。
b0309042_14265468.jpg

また、来年はどんな作品が見られるのか、楽しみです!


↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-11-25 11:25 | [Team.Y] 川那辺 藍

寛次郎のおもてなし

みなさま、こんにちは。Bチームの古谷彩です。
寒さが一層厳しくなってまいりましたがいかがお過ごしですか?

今日は東山五条にひっそりと佇む「河井寛次郎記念館」であった心温まるおもてなしについて。。

11月のとある日、焼物のまち・五条坂&ちゃわん坂エリアで焼物に関するさまざまな展覧会やイベントが開催される「わん・碗・ONE」展期間中に、その素敵なお茶会はありました。
今回はYチームの藍ちゃんと一緒におでかけ。

『河井寛次郎の器でお茶を楽しむ会』と名付けられたそのお茶会は、島根で生まれ京都のこの場所で
住居と窯をもち独立された河井寛次郎の日常を垣間見れるような会でした。


b0309042_10455915.jpg



河井家では昔からいつでもお客様を迎え入れ、日々お茶の時間を楽しまれていたようですが、それを引き継がれているように、寛次郎先生のお孫さんにあたる鷲様のお人柄やご配慮がすばらしく、本当に家庭に招いてくださっているかのように、和やかなムードの中、参加している私たちみんなが一つの輪になって寛次郎のぬくもりを五感で感じながら味わえたひとときでした。

普段は触ることもできない抹茶碗や菓子器などと向き合えた喜びもありますが、
それ以上に鷲様の空気感や人をもてなすあたたかさを感じた一日でした。

b0309042_10433784.jpg


こちらの記念館、行ってみるだけでなぜか落ち着く空間となってますので、清水方面へ行かれた際に
立ち寄られてみてはいかがでしょう。



※さて、11月末にいよいよせまって参りました「日本酒条例サミット」atみやこめっせ。
こちらのイベントでは、日本酒を楽しめるのはもちろん、私たちみやびはんのステージやみやびブースも出店します。
ぜひ、11月29日はみやこめっせへおこしやす。(申し込み要)
そして、みやびはんを今後ともよろしゅうおたの申します~!





↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
[PR]
by 381han | 2014-11-19 11:01 | [Team.B] 古谷 彩

奈良の正倉院展

こんにちは!前回に引き続きチームBの鈴木真由美です。

先日私は高校時代の社会科の先生と奈良の正倉院展へと行ってきました❤

ずーっと行きたくて、しかも先生の解説つきなのでとっても楽しみにしていたんです♡(。•ㅅ•。)♡

今年の正倉院では59の宝物を見ることができ、そのうち初出陳の宝物は6つだそう。

聖武天皇がお使いになった肘付きや寝台(御床)、大仏開眼会で履かれたとされる「衲御礼履」の前には特に人だかりができていました。

こちらですね↓
b0309042_10352815.jpg

大きくてこのまま履くことはできないだろうけど、聖武天皇が履かれた靴がこのまま現存しているなんてスゴイ❗

中でも私のお気に入りはこちら↓↓

鳥毛立女屏風
b0309042_10364520.jpg
日本人ではないのか、はたまた唐の影響を受けた天平美人なのか。
6つの扇にそれぞれ1人ずつ女性が描かれていました。
エキゾチックな雰囲気をまとっていますが輸入品ではなく日本製であることが分かっています。
この女性がここで何をしているのか、鏡のようなものを見て好きな人を待っているのかな?
なーんて単純ですが想像してみるのも楽しいですね音譜
そんでもって、こちら↓↓合格
b0309042_10452491.jpg
坊やと動物とおめでたい言葉が書かれていて、今でいう年賀状のようなものみたいです。(英語の解説にNew year's ornaments
の文字が・・・ほんまかいな!)
これをはじめ、「カワイイ」物が意外と多くてびっくりしました。
今でいうステンシルなどもあって、やはりそこは聖武天皇の奥さんの趣味も入ってるのかな~なんて思っちゃいました。

そもそも正倉院の宝物は聖武天皇の死後、悲しみにくれていた光明皇后が「天皇がお使いになったものを東大寺に納めちゃお★」としたのがはじまりだそうです。

正倉院に所蔵されているのは聖武天皇の遺品だけではありません。
奈良時代を代表する宝物、大仏開眼の儀式で使われた物、シルクロードをはるばる渡ってきた物・・・。

さらに当時の戸籍やら、

般若心経貸して下さいよー」の申請書、
今月こんだけ飲み食いしたんでよろしくー」の報告書まで、じーつーに様々!!クラッカー

ですがどれを見ても聖武天皇が確かにいらしたこと、異国への憧れや仏教への信仰心を時を超えて私達に伝えてくれます。

これなんてただの瓶にしか見えないけど(笑)、
ここに至るまでどんなシルクロードの旅をしてきたんだろ?って考えると とっても心惹かれました↓↓↓
b0309042_10462499.jpg

飛鳥京や平城京は「シルクロード東の終着点」
と呼ばれるそうで、そんなことを言われるとエギゾチシズムを刺激されますよね。
昔の日本人が憧れた異国の美はちゃんと今に受け継がれてますよーってもんです。
グローバルな社会になったとはいえ、やはり島国ですもの。外国、憧れます❗

そして面白かったのがこちら合格
b0309042_10500513.jpg

「伎楽面 崑崙」
伎楽に登場する役の一人で、呉女に言い寄り、力士に懲らしめられる役柄だそう。
くわっと見開いた目と牙を剥いた相は怖さの中に滑稽さもあって、伎楽を見てみたいなーと思いました。
やはり大仏開眼会で使われたものと推定されています目

今回59点のうち ちょろっと御紹介しましたが、正倉院には9000点もの宝物があるんだそう。これは毎年行くっきゃないですね!

さてさて。長くなりましたが最後に以前奈良国際映画祭のレッドカーペットでした天平衣装の写真を載せて締めくくります。
b0309042_10531083.jpg
b0309042_10540858.jpg
こんなおちゃらけた天平人もいた・・・はず❗(笑)
ぜひ皆さん行ってみて下さいね♪

(※今回博物館内で写真を撮ることができず、画像は購入した絵はがきから拝借致しました。鳥毛立女屏風のみWikipedia)

↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by 381han | 2014-11-15 11:00 | [Team.B] 鈴木 真由美

カントリー強化週間♡

こんにちは!
チームBの鈴木真由美です。

尾花さん川那部さん田中さんと楽しんできた大人の遠足♡ですが、もっと自然を満喫した~い!と思った私は個人的に美山へと行ってきました!(●´ω`●)

b0309042_16340069.jpg

the かやぶきの屋根!これが見たかったのです~♪

美山は京都府の真ん中ぐらいにあり、原風景を今に残す自然いっぱいの山里です。

車で行ってきたのですが、対向車の往来が出来ないほどの狭~~い道を通ったり、あいにくの雨だったりで到着までに心が折れそうでしたが(笑)、待っていた美山は噂にたがわぬ美しさ!!

b0309042_16443741.jpg

かかしくん達がお出迎え♡
b0309042_16454137.jpg
b0309042_16483466.jpg


そして美山に行ったら飲みたかったもの。ででん。
b0309042_16553723.jpg

自販機でもお土産屋さんでも手に入るのでぜひ飲んでみて下さいね!甘くて美味しかったですよ♪

かやぶきの里や神社、釜焼きピザのお店を巡り・・・
b0309042_08481667.jpg

b0309042_08493293.jpg

最後は紅葉󾀿を見に、谷へと行ってきました。
b0309042_17035534.jpg

まだちょっと早めでしたがほとんど人もいなくて、一人占め状態012.gif
自然を満喫するって極上の贅沢ですよね❤056.gif

イベントも色々とされてるみたいです。田植えの時期にまた行ってみたいな♪

帰宅してからも美山の気分を堪能したい・・・ということで買った美山の牛乳(瓶)。
b0309042_17131132.jpg

がぶがぶ。。がぶがぶがぶ。。。
飲みすぎてお腹下しました・・・・・・004.gifちゃんちゃん。


↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by 381han | 2014-11-13 17:17 | [Team.B] 鈴木 真由美

大人の遠足♪<番外編>

こんにちは。みやびはん川那辺です。
先日の大原女体験をさやちゃんがアップしてくれていますが、
他にも楽しい写真がたくさんあったので番外編をアップさせていただきます。


まず、大原女とはウィキペディアによると
大原女(おはらめ)とは、
山城国大原の女子が薪を頭に載せて京の都で売ることをさす。
とあります。

藍染の木綿に絣の前掛け、頭から手ぬぐいを両側に垂らす。
裾は膝の位置で着つけられるのですが、
膝下にはケガや虫から身を守るために脚絆(きゃはん)を着けて草鞋をはくのが特徴です。
着用後は、建物の前で柴を頭に載せて記念撮影してくださいました。
b0309042_9534269.jpg

一通り記念撮影を楽しんだあとは、コスモス畑を目指して出発
畑仕事の合間のひとやすみはこんな感じでしょうか。
b0309042_9534233.jpg



更に山に向かっていくと2つ目のコスモス畑があって
そのすぐ脇に公園があります。
天気が良くて、藤棚から漏れる光が心地よかったです。
b0309042_22535874.jpg

この日が楽しみで前日寝られなかったメンバーがいたり
澄み渡る空と綺麗な空気に開放的になったメンバーが
ブランコに乗り始めたり。
タイトルの通り、本当に遠足を思い起こしてしまいました。


b0309042_22535947.jpg

大原女姿をしているのに顔出し・・・と
その裏側からのショット。
あいにくしまっていた和紙屋さん。
参道にいらっしゃった先輩大原女。
b0309042_2254013.jpg

大原が一望できる丘と三千院。


今回この体験を通して一番感じたのは
私達自身が大原女姿を楽しんだことと、
私達の大原女姿を他の観光の方に楽しんでいただけたことです。

歴史や伝統を伝えていくことが大変だと言うことは以前より感じていましたが、
体験するという行為は本当にやってみてわかる気づきがたくさんあります。
そしてその気づきは人から聞いたもの、
テレビで見たもの以上に自分の中に刻み込まれます。

体験者は楽しんで、
観光の方は目で楽しめて、
その土地の方にも喜んでもらえる。
こういう歴史の伝え方もあるだな、
と思いました。
皆さんもぜひぜひ、大原へお越しの際は
こんな一面もお楽しみください☆

↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by 381han | 2014-11-13 11:11 | [Team.Y] 川那辺 藍

大人の遠足♪

お久しぶりです。チームYの尾花紗也子です。
この間、楽しい体験をしてきました。
b0309042_16331489.jpg
(撮影田中千鶴ちゃん、鈴木真由美ちゃん)
ハロウィン…?
いえいえ、実は大原女の格好なんです。
川那辺藍ちゃんのお誘いで、田中千鶴ちゃん、鈴木真由美ちゃんと私の四人で大原女体験をしてきました。
写真は、上が左から川那辺藍ちゃん、田中千鶴ちゃん、下の段が鈴木真由美ちゃん、私です。

田中千鶴ちゃんの運転で20分~30分?
気持ちのよい自然が広がっていました。
b0309042_15554946.jpg
(撮影鈴木真由美ちゃん)
大原観光保勝会の皆様の手早い着付けであっという間に大原女に大変身。
普段とは少し違う作業着としての着物。
お腹の部分はちょっとしたポケットのようになっています。
b0309042_16140376.jpg

足元は、なんと草鞋(わらじ)!
b0309042_16023416.jpg
(撮影田中千鶴ちゃん)
足がいたくなっちゃうかも~とひそかに心配していましたが、実はすごく歩き易いんです。
しかも、土の道や石の上でも全然滑らない。
川那辺藍ちゃんの万歩計アプリによると、一万歩も歩いたそうですが、足の疲れはおどろくほど感じませんでした。
大原女の衣装にかくされた秘密は草鞋だけじゃないんです。
b0309042_16095923.jpg
(撮影鈴木真由美ちゃん)
この手拭いも、1枚ふわっと掛けているだけで日射しから私たちを守ってくれるんです。
畑や山での作業の時には、日だけではなく虫から守ってくれたり、汗を拭ったり、とても便利に使っていたんでしょうね。
昔の人の知恵ってすごいですね!

大原女衣装に詰まった知恵と工夫に感激しつつも、何でもめいっぱい楽しむのがみやびはん流(^-^)
久しぶりに青空の下、お弁当を楽しみました。
b0309042_16235331.jpg
(撮影鈴木真由美ちゃん)

市内の中心地から車やバスで一時間弱で、大原の気持ち良い自然が迎えてくれます。
道行く方からの人気者にもなれる大原女体験。おすすめです!
足を伸ばしていつもとは少し違う京都を楽しむのもいいですよ♪
b0309042_15522151.jpg
(田中千鶴ちゃん撮影)
↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by 381han | 2014-11-08 17:11 | [Team.Y] 尾花 紗也子