みやびはんのブログ


by 381han

プロフィールを見る
画像一覧



【ランキングに参加中】

【みやびはんたちのブログ】

カテゴリ

全体
[Team.M] 田中 千鶴
[Team.M] 深田 篤子
[Team.M] 芳賀 真弓
[Team.M] 中川 有希
[Team.Y] 尾花 紗也子
[Team.Y] 赤石 美野里
[Team.Y] 川那辺 藍
[Team.Y] 呉羽 佐紀
[Team.B] 古谷 彩
[Team.B] 渡邊 敦子
[Team.B] 小笠原 友香
[Team.B] 鈴木 真由美
未分類

最新の記事

思い出工房展のご案内
at 2014-12-24 12:24
日本酒条例サミット2014 ..
at 2014-12-10 10:10
わん・碗・ONE展
at 2014-11-25 11:25
寛次郎のおもてなし
at 2014-11-19 11:01
秋の空、秋の香り、、、秋ですね。
at 2014-09-29 17:09

画像一覧

以前の記事

2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ダイエット食品を比較しました

ブログジャンル

近畿
日々の出来事

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
京焼・清水焼 抹茶碗 月..
from CRAFTS DESIGN
日本酒条例サミット
from Live on Myself
京もの親善大使 みやびは..
from 百趣味X百旅ブログ版

フォロー中のブログ

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

タグ:みやびはん ( 20 ) タグの人気記事

日本酒条例サミット2014 in KYOTO

b0309042_11225693.jpg

b0309042_17424459.jpg

京もの親善大使みやびはん川那辺 藍です。
日本酒条例サミット 2014 in KYOTO
に参加させていただきました!
(昨年の様子はこちら


みやびブースではお薦めの品のご提案や
伝統工芸品を身近に感じていただける体験
コーナーをご用意させていただきました。
b0309042_9171266.jpg

風呂敷コーナーでは8月にKYOTOエコマネーで学んだ風呂敷の使い方をご案内させていただいたり、
職人コラボで商品化させていただいたお香のセット「舞妓maimai」も大人気でした!
こちらのお香立てを制作いただいている
陶芸家の津田友子さんも隣の「Myおちょこ」ブースの応援に来られていましたよ!
b0309042_1171941.jpg


体験コーナーでは可愛らしいお多福の清水焼と竹のお箸に触れていただく
豆運びゲームをさせていただきました。
なんと7回も
みやびはんに挑戦しに来られた方も!!!



そして
サミット終盤にはステージで京都の伝統産業製品をPRさせていただきました!
b0309042_917888.jpg

今年はみやびはんを中心に
何を紹介させていただくか、
どんな風にお伝えしようか、
皆の思いを込めたステージになりました。


そしてこのステージの直前には
同志社大生さん考安の「日本酒体操」を
京都市長の門川大作さんと一緒に披露。
b0309042_1742461.jpg



他にも会場にはミス日本酒の方や、
ゆるきゃらのせんとくんもりりい
女きき酒師の皆さまがいらっしゃって
会場は大いに盛り上がりました!
b0309042_9171661.jpg


↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-12-10 10:10 | [Team.Y] 川那辺 藍

浴衣 たのしんでますえ

暑中見舞い申し上げます

お暑うございますが、
今年のおつるはんは、
はまりものができて、元気どすえ。

浴衣って
こんなに快適で自由だったのですね。

みやびはんになってから、知りました。



b0309042_7391542.jpg

半幅でなく、名古屋帯!

b0309042_7391653.jpg

祖母から譲り受けた
絞りの浴衣

胸の補正のタオルをいれなくても
ふっくらしていたことに感激。
絞りって
素晴らしい!

b0309042_7391692.jpg


義父の形見
鼈甲のループタイを帯留めに

b0309042_7391768.jpg


みやびはん
おすずちゃんと藍ちゃんと
イベントのお手伝いも
気軽に浴衣着てできました。

b0309042_7391874.jpg



まだまだ
夏本番。

浴衣で涼を
楽しむ方がふえますように

お健やかな夏を



おつるはん
[PR]
by 381han | 2014-07-31 07:31 | [Team.M] 田中 千鶴

カメラ女子

こんにちは。Team.Y 川那辺です。
先日、JPS展さん主催
「浴衣でフォトウォーク」の
チラシ用モデルを務めさせていただいたことをまゆりんがブログUPしてくれていますが
http://miyabihan.exblog.jp/22740212/
http://www.jps.gr.jp/2014jpsten_kaiki/
b0309042_17435917.jpg


そのイベントに渡邉敦子さんと参加してまいりました。
約20名の浴衣女子が揃うとそれだけでとっても華やかです。

それぞれ日頃から一眼レフを使っている人
私のように全く初めてで持ち方から習う人
レベルは様々でしたが基礎から講習いただき
その後は4チームに分かれて岡崎界隈を撮影して回りました。
b0309042_21585124.jpg


カメラの構え方、日光とモデルの立ち位置、
望遠レンズの使い方、+-補正の使い方、
ポーズの仕方などを実践で学びながら
お互いを撮り合う講習は
楽しくて仕方がなかったです。

普段、
一眼レフで写真を撮ることもありませんが
モデルのように撮ってもらう事もないので
嬉しい恥ずかし・・・(*^-^*)

その後、お昼休憩をはさんで
それぞれ撮ってきた写真の中から2枚を先生と選び額装し、
JPS展で入選された作品と同じホールに
飾っていただきました!
b0309042_21585043.jpg


額装の色を選ぶのも勉強、
作品をどのようにレイアウトするのかも勉強ということで
カメラの魅力を満期させて頂きました。

b0309042_21584958.jpg

b0309042_21584945.jpg


一日カメラマンと
一日モデルの成果はいかがでしょう?
(写真は同じチーム方に撮っていただいたものも使用しています。)

↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-07-29 10:00 | [Team.Y] 川那辺 藍

お香の世界

みなさま、こんにちは。
久しぶりのブログアップ、Bチームの古谷彩です。

暦の上では春だというのに、本当に寒い毎日が続いていますね。
大雪の影響で日本の様々のところで苦難を強いられている方がいらっしゃると伺ってます。
ご無事をお祈りしております。

今日は、Bチームがちょうど今取り組んでいる林龍昇堂さんとのお香プロジェクトに関連してちょっとだけ
香道のお話。

みなさま、お香と聞くと何を思い浮かばれるでしょうか?
私は以前は、香りは好きだけど、何か地味でちょっと癖があるのかなー、なんて思っていました。
ですが、「聞香」というものに出会いその思いは見事に打ち砕かれるのでした。
実に、繊細で、茶道など他の文化とも密接に繋がり、そして何より落ち着く!これがすごいんです。

香道という文化の成立は茶道、華道などと同じく室町時代にさかのぼりますが、もともとはもっと以前の595年に淡路島に香木が流れついたところから始まります。
それから、みなさまご存知の平安貴族の間で薫物が流行り、、、、色々な形へと変化して現在に繋がっていきます。

その中で、「聞香」は、その名のとおり、じっくり心を傾けて香りを聞くことです。
香りはかぐのではなく、聞くといいます。
この写真は聞香で使うお道具などですが、とっても素敵だと思いませんか?(山田松香木店さんのもの)
こういった道具を使い香炉の灰を整えて、最後に雲母でできた銀葉というプレートの上に好きな香木をのせると、、、
じんわりと香りが立ち登ってきて、心もからだもこの香りを求めていたのかーと思うほどとっても落ち着きます。心を落ち着かせ、そっと鼻を近づけると、まるで古えの世界に引き込まれるような感覚さえあります。


b0309042_20221850.jpg


b0309042_2021148.jpg


私が写っている写真には、お部屋にお花がありますが、お花はお香をするときはNGなんです。
それだけ、繊細で、香木の本来の香りはとーーっても穏やかなのです。

京都にはお香のお店があちらこちらにいっぱいあります。
京都駅近くにも、京もの専門店「みやび」でお世話になっている「松栄堂」さんが最近新店舗をオープンしました。
みなさまも、優しい香りをちょっとだけご自身に合ったスタイルで取り入れてみてはいかがでしょう?

いよいよ、来月は「伝統産業の日」がやってきます。
みやびはんが色々な形で、色んな場所に登場します!
この機会にぜひ京都の伝統産業品「京もの」に触れてみてください。

今後共よろしゅうおたの申します。


☆↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-02-19 20:57 | [Team.B] 古谷 彩

京あるき in TOYKO~☆ ご報告1

みなさま、昨日の
京あるき
みやびはん 四人で
京都の伝統産業製品の魅力を
アピールしてまいりました。
b0309042_7182583.jpg

市長さんと井浦新さん、袴姿が素敵どした。

まずは、
名匠インタビュー
記念撮影。
b0309042_7241920.jpg

手前は 京焼の伊藤南山氏
後方は 佐々木能衣装の森氏
写真には写ってないですが、
平八茶屋の山本さんも いらっしゃいました。
それぞれの分野でその魅力を
みやびはん三人で伺いました。

b0309042_7211484.jpg

ステージの練習は、バックヤード。
写真家のおつるはん
お気に入りショット。(笑)
b0309042_7555562.jpg

後半ご報告は、また次回^_^

今日もごきげんな一日を
↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-02-05 07:50 | [Team.M] 田中 千鶴

京あるき in TOYKO ~☆

みなさま、おつるはんどす。
b0309042_1024739.jpg
関東エリアのみなさま
京あるき in TOKYO 2014
恋する京都ウィークス
http://www.kyoaruki.jp
ご存知でしょうか?

みやびはん チームそれぞれの代表
小笠原友香ちゃん
川那辺 藍ちゃん
と参加しますえ。

お会い出来ますのを
楽しみにしとりますぅ。

14:00から14:30
「未来の名匠」インタビュー

17:30から18:00
京もの親善大使 みやびはん
京ものPR

引き振り袖姿で登場します。

おおきにぃ。


↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-02-04 10:24 | [Team.M] 田中 千鶴

遅くなりましたが馬年に因んで☆

一月ももう終わりですね。
お久ぶりです。Team.Bの小笠原 友香です。
皆様体調は如何ですか?風邪など引いてないですか?

せっかくの馬年なので“みやびはん”らしく♪節分を前にですがギリギリ新年のご挨拶と兼ねまして、
昨年の私の葵祭りにての一枚をご紹介させて頂きます。

b0309042_22484943.jpg


このお着物は今まで着たことのない肌触りで、伝統文化の重みを感じました。何十年何百年何世代にも渡りこうして受け継がれていくお着物や、お扇子。こんな身近で感じられるというのは、やはり京都ならではですね!
ただ、衣紋方さんといってこのような特殊なお着物を着せてくれる方々の担い手が近年少なくなってきたとのことで是非この大切な役割を果たしてくれる衣紋方さん。これからもこの伝統を守っていってくれる方が一人でも増えたらいいなと思いました。

さて、因みに私が乗っています鞍は和鞍といいます。和鞍は馬の頭を右にして右から乗り降りします。
理由としまして武士の方が馬に乗る時、刀を右にさしていた為、洋鞍のように左から乗ると刀が馬のお腹に当たってしまうからだそうです。なるほど・・ですね!!
b0309042_2375588.jpg


騎女に選ばれてからは何カ月も毎週毎週、雪の日も小雨の日も容赦なく、馬がいう事を聞いてくれなくて涙した日もありながら御所や上賀茂神社で乗馬の練習をします。歴史を築いていくというのはこうゆう甘えが許されない真剣さが積み重なって出来ていくもんなんだなと実感しました。
なのに全く上達せずに一人で馬を操るというより、ただただ馬に乗せられていることで精一杯の私でしたが・・・(汗)

こんな私ですが、どうぞ本年もよろしゅうおたの申します~☆


↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2014-01-27 09:30 | [Team.B] 小笠原 友香

職人さん×みやびはん コラボ ミーティング

おひさしゅうございました。
2013年もあと3日。
みなさまいかがお過ごしでしたか?

おつるはんは、
しばらく本業の写真の、撮影やお原稿書きに
集中しておりました。

さて今日から、
みやびはんブログを更新したいと思います!

本日は、ふれあい館でミーティング。
b0309042_12543461.jpg



チームMYBにわかれて、それぞれ
職人さんとどんなコラボアイテムを創るかの作成会議!
b0309042_2010343.jpg

Mチームは京友禅
それぞれが意見を出し合い、熱く語り合い、
とってもよい時間でした。

年末ですが、なにかが始まっています〜。うふふ。
1月初旬に工房見学に伺います。

というわけで、
2014年のみやびはんは、本格的に起動しだし
かなりエキサイトしそう。笑

みなさまにとっても
ワクワクな2014年となりますように〜。
↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2013-12-28 10:00 | [Team.M] 田中 千鶴

お茶杓作り

みやびはんTeam.Y 川那辺です。
先日の五条坂イベント「碗・わん・ONE展」のご縁から
河原尚子さん代表のsioneさん主催によるお茶杓作りのワークショップに参加してきました!

b0309042_1373391.jpg

場所は御中さんという町家を改装したレストラン/カフェ
落ち着いた町家空間にモダンなインテリアがマッチしています。
夕方に伺ったこともあって、しっとり落ち着いた大人の雰囲気が素敵でした。

教えていただいたのは竹工芸を専門とされます高比良護さん
以前は飛行機の整備士をされていたという異色の経歴をお持ちです。
自然の物が好き。竹は特殊な機械や道具が無くても1人で切り出しから完成まで行え、
割ったり、削ったり、曲げたり、編んだりすることで無限の可能性があるところが魅力のようです。
b0309042_1373536.jpg


まずは用意していただいていた竹の中から好きな物を選びます。
後で実感しましたが、自然の物を扱う場合は材料選びが肝心かなめ。
同じように見えても定規を当てたようにまっすぐな生え方をしている竹はありませんし
節のところにも個性がでます。
この節の部分がお茶杓の個性を決める1つです。
お茶杓を拭かれたことのある方ならお分かり頂けると思います。
この節がごつごつしている物、特に新しいものなどは袱紗が引っかかって
拭きにくいことがあります。意匠性と使いやすさのバランスが必要ですね。
b0309042_1373210.jpg


竹が決まりますと鉛筆でデザインを描き、それに合わせて彫刻刀で削っていきます。
彫刻刀と言うと皆さん学校で木彫りをされたことがあると思います。
私も図工・美術は好きでしたので今回はひょうげた物を作ってみようかと
意気込んで参加させていただいたのですが、木と竹は全然違います!
木にも年輪があり、繊維に沿って力が加わると簡単に割れてしまいます。
竹は「竹を割ったような」に例えられるように、
木 以上に筋がしっかり入っているので、刃の当て方を誤ると意図せぬところへ スパッと割けていきます。
ではやすりで少しずつ削ればいいのでないかと思い、やってみましたが思った以上に硬く、
木のように削れません。節の部分ともなると更に硬くて小刀ですらなかなか進まず苦戦しました。

慣れてくるとある程度、力加減・刃物加減の感覚が掴めてくるのだと思いますが、
初心者の私はひょうげたデザインをまたの機会にチャレンジするとして、
今回はシンプルで自分の使いやすいお茶杓作りにいそしみました。

※ちなみに一般的な竹かごは竹の一番外側が使われていて、0.4mmくらいの厚みの竹で編まれています。
外側が使われる理由は光沢があって美しいだけではなく、弾性にすぐれしっかりしているためです。
では内側の部分はどうするのかと言うと、基本的には使えない・使わないそうです。
もったいないのでは?と思いますよね?
内側の材料を同じように薄くして編んだ物は100円ショップなどで小物カゴとして売られているので
皆さんも目にされたことがあると思います。
使えないわけではありませんが、弾性が少なくすぐに折れたり割れたりしてしまうそうです。なるほど!



お茶杓は真上から見たデザインと、横から見たデザイン、櫂先の曲がり具合等に大きく特徴が現れます。
幅、厚み、曲がり具合、全体のバランスを考えながら裏側も削ります。
竹を曲げるにはランプやロウソクで炙りながら力を加えていくのですが、
竹が厚過ぎると曲げにくく、節の部分は更に難しくなります。
私も別の練習用の竹で挑戦しましたが、炙り過ぎると焦げますし、力を加え過ぎると折れます。
熱を加えているとある瞬間にふわっと柔らかく曲がるのですが、この見極めが難しかったです。
b0309042_1373643.jpg


お茶杓は手で扱うだけでなく、
畳の上に置いたり、お茶入れやお棗の上に乗せたり、お茶碗の上に裏向きに乗せたりしますので、
それぞれ置いた時に安定するかもバランスを見ながら調整していきます。
終わってみるとそれぞれ皆さんの個性が出ていますね♪
b0309042_1373937.jpg


今までお茶杓を見てもどこを観たらよいのか分かりませんでしたが、
自分で作ってみると苦労したところ、竹の筋がどのように通っているかなど
着目するところがたくさん出てきました。
見聞きするのと、実際に体験するのとでは本当に 全く 違います。
ぜひ皆さんも機会がありましたらご体験下さい。

御中さんのような素敵な場所で体験する機会を作ってくださったsioneの皆さま、
和やかな雰囲気で竹の魅力を堪能させてくださった高比良先生、
一緒に体験させていただいた皆さま、楽しい時間をありがとうございました(^-^*)



↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2013-11-26 17:30 | [Team.Y] 川那辺 藍

わん・碗・ONE展[茶わん坂編]

●5番 河合徳夫 さん
お忙しい中、工房見学をさせていただき
本当に感謝です。
工房には私が思い描いていたような伝統的
な登り窯やろくろといったものが無く
現在は電気窯に鋳込み成型などのスタイル
を取られていました。先代のときにはこの
場所に単窯が有ったそうです。
伝統産業を守っていくには伝統をそのまま
引き継いでいくスタイルと、
伝統を踏まえた上で新しいものへ挑戦
していくスタイルがあると思います。
河合さんは後者の新しい陶芸美の領域に
挑戦されていくスタイルです。
この日は近々ある個展の前と言うことで
お父様の作品やたくさんの作品を
見させていただくことが出来ました。
b0309042_10212290.jpg

●13番 陶 猪飼 さん
今回の展示作品は灰釉と青磁が中心で、
少し重厚感のあるどっしりした作品が多い
ように感じました。
エメラルドグリーン色のような模様や貫入
がとても美しかったです。
すっかり清水焼・京焼きへの思いを伺う
ことに夢中になってしまい、
一緒にお写真を撮らせていただくことを
忘れてしまいました。残念です。
b0309042_10214161.jpg

●6番 清閑寺窯 杉田祥平・眞龍 さん
高島屋京都店「ヤキモノ女子力 111のWAN」
で思わず手に取らせていただいた作家さん
のショップです。
 赤と椿の柄がすごく素敵なお茶碗
 (杉田眞龍さん)

こちらはでは4代目杉田祥平さんの奥様、
眞龍さんのお母様が温かく迎え入れてくださいました。
空間自体すごくシンプルでいて上質ですごく品を感じます。
そこに祥平さんの作品が並んでいます。
「ぜひ手にとって」とのお言葉に甘えて
手に取らせていただきました。
こちらのお品はどれもぱっと見て
綺麗・美しいと感じる柄です。
見ていても分かりますが手に取るとさらに
絵柄の立体感が伝わってきます。
奥様の「好きな物・綺麗な物を身近に置くだけで生活が豊かになる」との
お言葉がすんなり心に入っていきます。
作品のすばらしさと、奥様のお人柄で
心和む時間を過ごさせていただきました。
b0309042_10215710.jpg

●8番 林 紅村 さん
こちらも「ヤキモノ女子力 111のWAN」で
ひときわ白磁青磁で私の目を惹いた作家さんです。
中国の白磁から発展した乳白色・青磁を作られています。
白磁・青磁と一口に言っても
すこし温かみがある色目ですごく柔らかい。
林 紅村さんと私は年齢が近いためか
作られている作品がどれも女性的で
共感でき、可愛くて素敵でした☆
b0309042_1022842.jpg

●4番 東五六 さん
伝統的な窯元の作品から若手作家のモダンなオブジェまで
幅広く取り扱われています。
“五条坂・茶わん坂発~陶芸の現在”
“あしたのオンリーワン展”が開催中です。
http://www.tohgoro.co.jp
●12番 山田 東哉 さん
表のショーケースでは代々酒杯展が行われています。
のれんから覗く素敵な空間に引き寄せられ
お邪魔しました。お庭の雰囲気、お茶室の
天井にサクラの木が使われているのが印象的でした。
http://www.to-sai.com/
●8番 近藤悠三記念館 さん
当日はお休みでした。残念。
http://www.kondo-kyoto.com/yuzo/


振り返ってみると、茶わん坂編では
作家さんの工房を見学させていただいたり
作家さんと直接お話しさせていただいたり
たぶんこのようなイベントで無ければ
お話を伺う機会なんて無かったのではないかと思うほど
貴重なお時間を過ごさせて頂きました。

少し建物など焼き物とは違う視点も
たくさん書いてしまいましたが、
五条坂編ではお店の方から、
茶わん坂編では作家さんから、
たくさん清水焼・京焼の素晴らしさを
教えていただくことができました。

清水焼・京焼は、絵付けがあったり
白磁・青磁があったり、本当にさまざまで
とても見ごたえがあります。
皆さんもぜひお気に入りの碗を
みつけてみてください☆


↓ランキング参加中 「クリック、よろしゅうおたのもうします♪」
ブログランキング・にほんブログ村へ  
[PR]
by 381han | 2013-11-09 12:38 | [Team.Y] 川那辺 藍